スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

いったい真夜中に何が?!

category: others  

春頃、引っ越しをしまして(と言っても同じ町内なのですが)、
ついでにパソコンを買い替え、ついでにプロバイダのサービスを変え、
そのためにかなりな時間、ネットのない生活を送っておりました。
で、ネットがつながり、久しぶりにエドツワキさんのサイトをのぞいてみたところ、
プフッ。
思わず笑ってしまいました。

「夜、妻が寝言を言った。
『そうだすなあ……そうだすのー。』
『……』
なにが起こっていたのだろうか?」

  「Dairy」February 2009~EdTSUWAKI OFFICIAL SITEより

雲2

う~む。
知世さんの夢の中でどんなことが起こっていたのでしょうか。

仮説1)「〈ブレンディ〉CFの大阪ヴァージョンの夢をみていた」説
夏のある昼下がり。近所にある山田西公園(大阪府吹田市)で、何をするでもなく、おしゃべりしていた二人。
ふとおしゃべりが途切れたとき、女の子がのんびりと、
「なんか、ヒマですねえ」
「そやねえ」と、原田はん。
そこで、原田はん、思いついた。
「アイスカフェオレでも作ってみまひょか」
「そやっ!」
女の子、にっこり。
「それぇ~っ!」
うれしそうに追いかけっこで家へ向かう二人。
ところが、おいしいアイスカフェオレが、あまりに簡単に作れてしまうブレンディ。
冷たいカフェオレでひとときの涼しさを味わい、ホっと息をつく原田はん。
「なんか簡単すぎましたなあ」
「またヒマになったあるなー」
「そうだすなあ」
「ああ。またヒマや」
「……そうだすのー」

仮説2)「夢の中でつじあやのさんの歌を聴いていた」説
知世さんは、その夜、つじあやのさんの「風になる」のメロディを思い出していた。
あるいはもしかしたら、ザ・ブームの「風になりたい」を鼻歌で歌っていた。
すると、夢の中で知世さんはほんとうに「風」になってしまった。
と言っても、「風」大左衛門に。(夢の中でこういう間違いはよく起こるものです。)
知世さんが幼少の頃に放映されていたアニメ「いなかっぺ大将」の主人公・風大左衛門少年は、なぜか語尾に「だス」を付けて話すのが口癖だった。

語尾に「だす」を付けるのは、大阪弁本来の丁寧語。
昔は摂津、播磨、河内などで使われていたが、今はあまり使われていないという(参考:「全国大阪弁普及協会」)。
彼は青森県の山奥出身という設定にも関わらず、古来の大阪弁を操るという、いかにもアニメな少年なのだった。
ちなみに、青森県・津軽弁に「だすて」という言葉があるが、これは、語尾に付く「~です」という意味の「だす」とは関係ないらしい。

さて、いきなり風大左衛門少年となってしまった知世さんは呆然とするが、動物の言葉がわかるようになったため(大ちゃんは動物の言葉が話せるのだ)、愛犬のシャギー君に相談する。
「にゃんこ先生!……ではなく、シャギー先生! わしは風になりたかっただスが、こういう風にはなりたくなかっただスぅ~」
大きなまん丸い涙をぶら下げ、「ドボジテ……」と身の不幸を嘆く知世さんに、シャギー先生は言葉をかけてあげる。
「人間、そこそこ生きてりゃ、そういうこともあるぞな、モシ」
「う……。……そうだスなあ」
「そうぞな、モシ」
と、フワフワの毛の間からまんまるいピュアな同情のまなざしをシャギー君から向けられると、知世さん、しみじみ、
「……そうだスのー」










……く。……くだらなくて、スイマセン。
つい妄想癖が……。


huusen.gif


エドさんの「Dairy」では、最初の頃、知世さんは「妻」と呼ばれていましたが、だんだん「知世ちゃん」と表記されることも多くなってきました。
自分の細君を“ちゃん”付けして語るというのは、一般的には周囲を鼻白ませたりするものですが、しかしもう「知世ちゃん」としか他に呼びようがないことにすごく納得してしまいます。
キャラクターにもよるのでしょう。
真夜中に突然、「そうだすなあ」と寝言を言い出すのは、やはり知世“ちゃん”以外に考えられません。

その昔、知世ファンで、映画「天国にいちばん近い島」ロケに同道しエキストラ出演を果たした漫画家とり・みきさんが、
その際に目撃した知世さんのようすを雑誌に書いていました。
ロケ地ニューカレドニアを真っ赤に染めて落ちゆく夕日を見て、ぽつりと一言。

「きれいな夕陽だべさ」

当時、この記事を目にしたおれはやっぱり「プフッ」と吹き出し、ファンとしてホレ直したことを覚えています。
やっぱり、知世ちゃんだ。
「そうだすなあ」がどういう寝言なのかはわかりませんが、今もやっぱり知世ちゃんですね。

しかし、「~だべさ」は、津軽周辺から北海道にかけての方言。
知世さんは確か長崎生まれの長崎育ちのはずなんですが、
或るときは独り言を北海道弁(または津軽弁)で言い、或るときは寝言を大阪弁で話す……。
って、知世ちゃん。あんた、いったい何人だべさ!?


「ハラダトモヨ」という謎は、いよいよ深まるばかりのようです。










hukuyouki.gif








スポンサーサイト

2009_08_27

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

porepore。

Author:porepore。

ブログ内検索




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。